注目のJavaでのアプリ開発

Javaはエンジニアが独立するときに習得しようと考えるプログラミング言語の代表格である。汎用性もニーズも高いことから案件も豊富にあり、内容も多岐にわたっているからだ。Javaを使えるエンジニアが請け負える案件の例としてアプリ開発は代表的で、請け負って大きな稼ぎを上げているエンジニアも増えている。

アプリ開発の案件は基本的には請負案件のものが多く、クライアントから提示された仕様に従って開発を行うことになる。スマートフォンやタブレットをデバイスとし、要求されたOSに対応するアプリを手掛けて納品するのが仕事だ。一度納品してもさらに要求をされて何度も手直しすることになりがちだが、完成すると充実感も大きいのが特徴である。

また、開発後に自分でダウンロード数などを確認できることで大きな充実感を得られる。仕事に対するやりがいを感じられるので継続して働きやすいと考えるエンジニアも多い。
一般的には仕様はクライアント側が決めているものの、コンセプトや目的だけ伝えられて仕様の設計から任される案件もある。システムエンジニアとしての経験を積んでいる人にとって能力を生かせる案件であり、クライアントをうならせるような仕様を提案できると報酬も高くなる。そのまま開発まで手掛けて実際に世の中に出ると大きな達成感を得られるのも魅力だ。
Javaによるアプリ開発が主流になってきている影響で案件数も多く、スキルを習得すると様々なアプリを手掛けられるようになる。