フリーランスのJava求人の単価

フリーランスエンジニアが携わる案件としては、Webアプリケーションの開発が多いと言える。中小企業のコーポレートサイトをはじめ、BtoBのマッチングサイト構築など、フリーランスに対する需要は高いものがある。Webアプリケーション開発に必要な言語には、時流によって特に需要が高くなるものもある。フリーランスとして活躍するには、そうした言語に習熟していることがポイントになる。

そして、使える言語によって受注する単価も変わってくるので、収入に直結するスキルを身につけることが大事である。中でもJavaは基幹系やWeb系、Android系など幅広い案件に必要とされる。特にWeb系ではJavaが使えれば、ホームページアプリの実装が簡単にできる。即ち他のインタプリタ言語より、汎用性が広い言語だと言える。

Javaの求人単価は、android系や基幹系で異なるが、相場としては58~68万円くらいである。経験年数が上がれば、単価も上昇する傾向がある。
概して、Javaの求人単価は他の言語に比べて高めである。ただし、JavascriptやHTML5などは活用範囲が限定されるので、Javaに比べると単価は低めとなる。
また、Javascriptなどはプログラム言語として難易度が低いのも理由の1つである。求人単価を経験年数別で挙げれば、1~2年は43~48万円、2~3年は53~58万円となる。5年以上になれば、63万円以上になることもある。
そして、上流工程の設計スキルを持っていれば、さらに求人単価は上がるのが一般的だ。Javaはシステム開発のスタンダードになっており、今後も求人の拡大が見込まれる。